2013-12-23

  • コンクール受賞記念コンサート。私も弾き納め

今日は若里文化ホールで、北信越ジュニアコンクール、ピアノオーディション、受賞記念コンサートがありました。

参加された生徒さんは皆予選からの成長の跡が見られました。
苦しい事もそれぞれあったかと思うのですが、
「今この時」、一生に一度、通り過ぎたら二度と戻ってはこない。。時間。
本当に有意義に勉強に費やされたと思います。

今日感じたこと。
「何かを本気でやろうと決めたとき」遅すぎることはない、ということ。
人によって時期というものは違うと思うのです。多分思い立った時が最適の時。
学年で区切っていない参加カテゴリーのコンサートの演奏を聞いていて、思いました。

(コンクールに限らず、本気で何かに取り組めるという機会は貴重かと思います。)

また改めて写真等UP致します(^ ^)



………………………
一週間前ほどに、このコンサートでの演奏を突如依頼され。。
プログラムには載っていませんでしたが、私も最後に招待として演奏させて頂きました。

ベーゼンのインペリアル。
自分の良い面も、弱い所も(感度が良く)10倍、20倍になって跳ね返ってきます。

この所、幾つかの会場で違ったピアノを弾かせて頂く機会に恵まれました。
「音の質」はどんな要素で構成されているのか>_<勉強してみたくなりました。
学生の時の音楽物理学の本も、本棚奥に、多分あります。(笑)

楽器の持つ良さや、ホールの特性などから「音」を組み立てる。。調律の方の耳はすごいなと思います。

今日でようやく12月の演奏が終わり、弾き納めでした^ ^

明日はクリスマス・イヴ。平日ですが。。

皆様も素敵なクリスマスをお迎えください。