誇りに思うこと

高校受験を控えた中学3年生、それから中学2年生。

細く長く、しかしコツコツと。
ピアノを続けている生徒さん方、ほとんどが秋の音楽会の伴奏を引き受けてきました。

そして、皆しっかり弾けています。
数年前には難しかった練習曲も、ほぼ初見で(笑....)レッスン時に見事に弾き切ります。
楽典も普通にさらっと読めば理解し、聴音の時間を取っている子もとても良く出来ます。

成長は不思議です。
続けていることで、これだけのことが簡単に出来るようになる。
親御さんも、特に干渉せず、上手く出来ない時期も焦らず、成長を見守ってくださっていました。

教えていて良かったと思うのは、生徒さんに対して「自分の力だけで弾けるようになったね。」と感じる場面でしょうか。。

指導というよりも、常に伴走です。
励まして、「あなたには出来る」と言い続ける(^^)(心から、そう思っています)

不思議と、そう信じてあげることで、必ず出来るようになります。