成長の跡

コンクール後の生徒さんの成長。

年長さんが、対位法の初めて弾く曲を「休むところがないよね」とぶつぶつ(笑)言いながら、スラスラと初見で両手で弾いているところを見たとき。
これには驚きました。

小学4年生の方。指の動きが別人のように変化したところを見たとき。

小学5年生の方。私が何も言わずとも、客観的に解釈しながら弾いている姿を見たとき。

無意識レベルに落とし込めたことは、本当の力と思います。