ドアの向こう

「教える」ではなく、良い気付きのヒントを与えられる様な指導が出来るようになりたいなと思っています。

生徒さんがレッスンから帰る時にスキップをしたくなるような(^^)指針を与えられる様になる事が、私の生涯の目標の一つです。

集中とは何か、「歌う」とはどういうことか、ピアノで使う身体の構造を「自分で」理解していくにはどういった方法が有効か、

結局は、私は道案内に過ぎず、最後は生徒さん一人一人の意識次第なのですが。(もちろん、道案内と言っても、生徒さんとの信頼関係が無ければ成り立たない関係です)

「そのドアを開けると、辺り一面花畑だよー」という確信を私自身が本当に持っていないと、助言は難しいです。

私自身、皆が伸びる時期に伸びず、普通は感覚で掴むものを理論から理解し始めたのが30歳過ぎ(笑)という亀より遅い歩みだったからこそ。

出来る事として何があるか、
音楽は勿論ですが、音楽に限らず何を学び続けなければいけないのか、
いつも考えています。