喜びの音

画像の説明

画像の説明

木島平アート部主催のコンサート。
チラシは、上埜さん作。
明るく素晴らしい色合いです。
手に取る方が、皆一様に「綺麗ですね。。」と仰っています。

かれんさんは、台湾から戻っていらしての演奏です(^^)

思考内の垂直の軸がこの一年ほど全く移動していない私(化石のように(笑)。。)が、かれんさんの思考に付いていけるか。。心配ですが・・とても楽しみです。

「思考の軸」が、ほんの少し横にずれるだけで、楽譜の見方の角度が180度変わったり。普段のものの見え方がクリアになったり。時には今までの苦労が嘘のように楽になったりするのですよね。
肩凝りの原因が分かったりもします。(笑)

「喜びの音」

いつまでも聴いていたい、心のこもった音色。

大切な人の、温かな声かもしれません。

裏返すと、「悲しみ」という言葉も出てきます。

幸せを感じる「音」。

……

表現をする、という仕事に就けていること。
偶然に偶然が重なって、今でもピアノを弾いたり教えたり。
出来ている訳ですが、やはりこの上なく幸せです。

音楽や、絵、小説の奥底に流れる、共感や無意識。
その中にすっぽり入れる時間は、至福の時です。

この一年ほど、教えるということだけで、精神的にも身体も一杯一杯でしたが。

この様な、貴重な機会を頂けたことに感謝しています。