長野県ピアノコンクール・本選

県ピアノコンクール本選、主催の方で演奏の写真を撮って下さったとのことで、載せさせて頂きます。

田畑 尚大君です。

画像の説明

メンデルスゾーン、無言歌集より「紡ぎ歌」「信頼」の課題を選び、演奏しました。

歌い方の基礎的な考え、音楽の理解度が全て素で出てしまう、、大変な曲でしたが、本当に良く仕上げてくれたと思います。

コンクールの為に、多くの力と時間を使いました。
小学校6年生ともなると、忙しいですが…
言い訳をせず、頑張りました。
自分から逃げない、きちんと自分と向き合う大切さを学んでくれたと思います。

コンクールに向けて、他のステージにも親御さんが積極的にエントリーしてくださり、場数を踏むごとに上達しました。

11月教室の発表会では、バッハのインヴェンションを加え、県コンクール予選曲と今回の本選曲から抜粋して演奏します。

その都度、確実に人間的に大きくなるのが「舞台」です。
練習だけでなく、それまでの経験、精神的なコントロール。
全て自分に返ってきます。
また一段、成長の跡が見える演奏となりますように。