2013-05-30

  • 中野市、チェロ・ピアノミニコンサート

今日は香恋さんの関係で、中野市にて演奏させて頂きました。
中野市。自然も多く、また私の中では「文化のまち、音楽のまち」というイメージです。



今日はロマン派を中心にしたプログラム。
ピアノの音数も多かったので、仕事をやり遂げた解放感!(笑^^)。。
今日は良く眠れそうです♪

チェロの音色は会場の空気と相まって、「人のことば、人の声」に聞こえてくる瞬間が何度も。
小説の一節にありそうな時間。感情の一番深い部分が、テクニックを越えて音やメロディーになる、心に届く。
私にはまだまだ遠いところです。



「演奏として、また練習としてピアノの前に座った時と、日常でお皿を洗っている時?との精神的なギャップのコントロールがテーマだなあ」などと思いながらこの数日は準備をしていました。
スイッチがひとつだけではない、、精神統一^^;

年を重ねるにつれ、多くの「声や思考」が頭の中を占領し、音楽の本質が見えなくなることも多々・・
原点は単純で明快。分かったはずでも中々難しく、生徒さんへの伝え方もレッスンごとに反省する日々です。

その場所をもう一度見つけることが、今後数か月の私のテーマです。
辿り着きたいと思います。