2012-04-20

先日読んでいた本の中で「経験に意味のないものはない」という言葉がありました。

遠回りしすぎたな、あの時もう少し吟味する知識があれば、と過去の選択に関して考えることもあるのですが(笑)
上記の言葉には改めて元気付けられました^^

最近..特に大人の生徒さんとお話したり、接して思うのは「その人を形作っている全人格が音楽を奏でている」ということ。
生きてきた数十年のバックグラウンドがあってこその意志と個性。

長く音楽と関わり続けるということは、
人と「よーい、ドン」と並んで競争して走っているのではない長距離走。自分のゴールを目指して途中で歩きながらでも進み続けるのをサポート出来るのが私の役目かな、とも思うのです。

いくら努力しても時には報われないこともある、音楽の世界。
他人の意見からではなく自分自身への「評価」から生まれる自尊心、生涯土台として残る「継続する」「自分で決めて努力する」という力。そこから生まれる本当の楽しさ。
子供さんにはピアノを通して教えられる、大切なことのひとつとも感じます。

「経験に意味のないものはない」。
取り方は人様々だと思いますが、前を見て経験を重ねる意味の肯定として感じられた言葉です^^