2010-12-17

  • 勝つということ

テレビを垣間見たり、雑誌をめくったりしていると「勝敗」の意識はオブラートに包まれながらも強いなあと感じます。

ただ私が思うのは、ひとつのことを続けたり、人生長く生きてきていると「第三者的見方の勝ち負けよりも、自分の判断基準や自分の見方で成功不成功を位置づけていかないと難しいな」と感じることは多いです。

今回、知り合いの先生からご紹介頂いて参加させていただいた「ジュニアピアノコンクール、ピアノオーディション」は、勝敗ではなく「目標を持つことで伸びる」生徒さんを重視した場で、その理念をお聞きして参加をしてみました。

生徒さんの、その成長を見ることが出来嬉しく思っています。

私も「生徒さんが出るなら私も体験してみなくては」と予選本選、来週の26日のコンサートと・・毎回違った、初めて弾く曲もたくさん挑戦させていただいて^^的確な評も頂き、とても勉強になっています。


色々な方法で「人の伸ばし方」はあると思いますが、大人になって、また年を重ねても応用できるものとして残るもの・・を私自身も積み上げながら、生徒さんに残していけたらと考えています。